アシュワガンダの効果

馬力を得られるアシュワガンダ

アシュワガンダはインドに自生するナス科の植物です。

 

サンスクリット語で馬という意味で、由来は飲むと馬力を得られるからです。

 

高麗人参に似た作用を持っており、インド人参とも呼ばれています。

 

インドのアーユルヴェーダでは、性機能を高める強精剤の作用があり、滋養強壮の薬草として使われて来ました。

 

テストステロンに似た働きがあり、勃起不全の改善にも効果があります。

 

その他、抗ストレス・抗酸化・免疫賦活・抗菌・抗炎症作用が近年の研究結果にあります。

 

別の研究では抗腫瘍・鎮痛・鎮静・降圧作用も確認されました。

 

地中海沿岸地方では催眠薬として使われ、関節炎やリウマチにも効果があります。

 

とても安全なハーブなので副作用などはありません。

 

2013年の1月以降に医薬品として指定され、日本ではサプリとしては購入出来ません。

 

ただ、これは日本限定なのでアメリカから輸入してサプリを買う事が出来ます。