ロングジャック

トンカットアリは別名ロングジャック

トンカットアリはアメリカではロングジャックとも呼ばれています。

 

東南アジアのインドシナ半島、マレーシア半島、インドネシア、フィリピンにかけて広く分布していて、サプリとしては主に根っこの部分を使います。

 

東南アジアでは古くから不妊症の改善や産後の疲労回復の為の食材、解熱やマラリヤの治療薬として使われて来ました。

 

マレーシアでは伝統的に男性の催淫剤や強壮剤として使われた薬用植物で、不眠症や勃起障害に効果があります。

 

トンカットアリは視床下部や脳下垂体を刺激し、抗体刺激ホルモンを分泌させてテストステロンのレベルを上げるという研究結果があります。

 

少しの摂取で活力や自然治癒力がアップし、増やすと性的機能や精子形成を促し、性的興奮や勃起力増強に効果があります。

 

現在、マレーシア政府がトンカットアリの品質を守る為の基準を設け、厚生省が原材料や製造過程を管理しています。

栽培が難しいトンカットアリの根っこ

トンカットアリは副作用がない健康食品です。

 

しかし、体質的に合わないと感じたら使用を中止して下さい。

 

医師にサプリを服用しない様に言われている人や、別の疾患で投薬治療をしている人も注意が必要です。

 

服用前に飲み合わせについて主治医に相談しましょう。

 

トンカットアリはハーブの一種ですが、添加物なしで天然成分配合なので副作用のリスクが少ないです。

 

原料のトンカットアリの根っこは栽培が難しく、野生のジャングルの物を製造・販売元が用法別に粉末、錠剤、カプセルなどの形に加工しています。

 

市販のトンカットアリの用法や用量は製造・販売元によって違うので、指定の用量より多く飲んでも効果は期待出来ません。

 

例えば健康サプリ飲料を冷たくておいしいからと言ってガブ飲みすると、腹痛や下痢を引き起こします。

 

トンカットアリも同じで、大量摂取すると腹痛や下痢が起こるかもしれません。

 

今の所、トンカットアリの服用や大量摂取で重大な副作用があったという報告はありません。

 

それでもメーカーによる使用上の注意は守りましょう。