ガラナシュレッタ

ブラジルの「ガラナシュレッタ」

ガラナはアマゾン川流域に自生していて、10メートル以上の物もある大きな木です。

 

果実は小さくて丸い紅色で、成熟すると割れて黒い色の種が出来ます。

 

名前の由来は南米の原住民グァラニー族です。

 

ガラナを滋養強壮、鎮痛、収斂、疲労回復、下痢止めとして使っており、後に研究で効果が実証されています。

 

ガラナは体を刺激して活発な活動を促し、アメリカでは敏捷性や闘争本能を呼ぶ作用が注目されています。

 

同様にスタミナの維持や精力増強効果も注目を集めています。

 

ブラジルではガラナが配合された「ガラナシュレッタ」というジュースが、国民的ドリンクとして飲まれるほどの人気です。

 

オリンピック選手の養成にもガラナが積極的に使われています。

 

ガラナにはカフェインも多く含まれており、含有量はコーヒーの約3倍です。

 

カフェインはスタミナ回復や精力増強の他、感覚を鋭くしたり、記憶力を持続させたり、ストレスへのメンタル面での対応力をアップさせます。

 

中枢神経系を刺激して勃起力もアップさせ、強壮剤として効果が高いので「天然の媚薬」と言われています。

ガラナの主成分はカフェイン

ガラナの主成分はカフェインで、その他にテオフィリンやテオブロミン、少量のカテキンが含まれています。

 

カフェインを大量に摂取すると不眠や不安、悪化すると嘔吐、痙攣、高血圧まで伴います。

 

1番怖いのが心室がリズミカルに収縮せず各部の筋肉がランダムに収縮する心室細動で、このランダムな収縮が数分続くと死に至ります。

 

カフェインの致死量は経口摂取だと13〜19グラム、静脈注射だと3.2グラムです。

 

いずれも尋常な量ではありませんが、侮れない劇薬です。

 

また、妊婦が毎日300mg以上のカフェインを摂ると、流産や胎児の成長遅延の危険性があります。

 

カフェイン300mgはコーヒー3杯分です。

 

ガラナにもカフェインと同じ副作用があるので、妊婦はガラナの摂取は控えましょう。